真っ直ぐ打とう 榎本

カフェロゴ_20190629132810.png

みなさんこんばんは。

麻雀の話でもしてみます。

ちょっと麻雀に慣れてくると、少しテンパイまで遠回りしちゃうことってあると思うんです。


例えばリーチを受けたり、仕掛けに対応しようとしたり。


俗に言う、「まわる」ってやつ。


これやるとなんとなく麻雀してる感じあるし、当たり牌止めた!(止まった)など現象が起きてわりと楽しかったりします。


ただ、そこにばかり気を回してしまって、真っ直ぐアガリに向かって打てなくなってるかもしれないんですね。


意外とこの真っ直ぐ打つという行為は麻雀に慣れてくると難しいのかもなぁ。なんて思うわけですが。


なんやかんや真っ直ぐ打てることってすごく大事なことのような気がします。


例えば序盤の手組。ターツが足りなければ変に字牌絞ることなく切り出した方がメンツが完成するケースが多いように感じます。


初心に戻って真っ直ぐ打つこと。ちょいとやってみたいと思います。


それでは~
0

この記事へのコメント