ブックカバー 分銅

おはようございます。分銅です!

今日は志木店にきました。



つい先日の事なんですけど、僕が好きな作家である伊坂幸太郎さんの「フーガはユーガ」という

最新作のハードカバー本を貸していただける機会がありまして、

休みの合間に大切に読ませていただいているのですが、読んでいる時にふと思った事があって

今日はそのことについて書こうと思います。(ちなみにすごくお勧めの作品です)



僕は普段、本を読むときには必ず手汗や汚れがつかないようにブックカバーをつけるか、

手を拭いてから読むようにしているのですが

ブックカバーの無いハードカバー本は特に汚れないように気を遣わなきゃいけないなと思ってしまいます。


だから僕は、単行本のソフトカバータイプの本が好きです。
軽いし持ち運びもしやすいって点が良いですね。



だけど、本を読みなれてない人や目があまりよくない人からするとハードカバー本のほうが文字が大きい場合がほとんどだし読みやすいのかなあと思います。



では今日はこの辺で。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック